よねすけ、隣に突撃するってよ。

新しい世界を求めて、いざ突撃せん。

「三河サドベリースクール・シードーム」でお泊りイベント開催!生徒の活動に1日24時間付き添ってみた。

皆さんこんにちは!よねすけ(@yonesukez)です。

前回訪れた「デモクラティックスクールまんじぇ」に続き、同じく愛知県は岡崎市にあるサドベリースクール「三河サドベリースクール・シードーム」に行ってきました!

今回はお泊りイベントということで、生徒の活動に24時間付き合ってみました。Letts,Sudbury,Enjoy!(?)

 

24時間耐久レポート

愛知県一宮市にある「デモクラティックスクールまんじぇ」から、「三河サドベリースクール・シードーム」まで自転車で3.5時間ほど。

まんじぇでの見学を終えて、これまで一週間ほどお世話になっていた三河サドベリースクール・シードームに戻る形で走行をしました。

事前に「お泊りイベントがある」ということを聞いていたので、ついつい戻っちゃったんですよ・・・。

www.yusukeyonezawa.com

 

結局到着する頃にはすっかり日が暮れた状態になっていましたが、久しぶり(2日ぶり?)に戻ってまいりました。みんな、ただいま!

 

イベントなんかでサドベリースクールに関する説明をすると、8割方「サドベリーの理念はわかったけど、実際生徒はどんな活動しているの?そんな上手くいくものなの?」という返答が返ってくるんですよ。

サドベリー自体が理想主義的に見える一面があるためでしょうが、そういった疑問を抱かれることも理解できます。なので、今回はお泊りイベントに24時間付き合って「生徒がどのような活動をしているのか」をレポートしてみたいと思います。

あくまで日常の、それも特別な日のイベントを切り取って掲載しているだけですが、少しは理解の一助となるはず。それではいってみようー!

 

徹夜のお泊りイベント!

というわけで、早速なかに入って楽しみましょう~。

そろそろいい時間だったので、先に晩ごはんを作ります。この日は一品持ち寄り制で、各々が食事を作るなり、買ってくるなりして食材を集めてきました。腹減った・・・。

こちらは、すでに完成している料理だそうです。早く食べたい。

「やべぇ、みんな立派な料理を作ってるのに、まともな食材が少ねぇ・・・!」と血迷った結果、偶然カバンの中にあった500gで100円のスパゲッティを一品料理として提出することに致しました。

味とか食感は微妙なんだけれど、ボリュームだけはある。まぁ、毒味ついでに食べてもらうことにしましょう。

・・・ジャジャーン!

色々あって、そして偶然スパゲッティの高級ルー(?)を頂いていたために、随分と高級っぽい料理が出来上がりました。

飯を食って糞を垂れ流していただけのホームレスニートがようやく貢献できたよ。やったね!

そして皆で協力しあった結果、ようやく晩ごはんが完成!

いただきまーす!

ご飯を食べたあとは、みんなでUNO大会。自然学校なんかのノリと同じで、普段夜の時間を共有できない相手と今日は遊べるので、皆盛り上がって深夜までカードゲームをしていました。

ああ、眠い・・・。今日はゆっくり寝ましょう。おやすみなさい。

 

シードーム2日目

翌日。僕はぐっすりと睡眠し8時半頃に起床しました。おはよう。

サドベリーの大半は民家で学校運営を行っていて、このシードームも同様なので落ち着いて寝てしまったでござる。いい加減起きましょう。

朝は、スタッフの人が持ってきたコーヒーミルと豆を使って、手作りコーヒーをいただきます。朝から幸せすぎるんだけど・・・。

そろそろ昼ごはんの時間が近づいてきた!というところで、前日に買っておいた材料で焼きそばを作ります。三河サドベリースクール・シードームは女の子の生徒が多いので、料理下手な男は出番なし。

じゃがいもを切断~。もやしを炒めましょう~。

どんどん野菜を切っていきます。自分は写真を撮影しているだけ。むしろ手を出すと怒られるので、おとなしくしておきましょう。

その間、スタッフはPCで事務作業をしていました。サドベリースクールのスタッフは仕事の幅が広いので、忙しいときは結構忙しいんですよね~。頑張れー!

自分が写真を撮影し回っている間も、黙々と分担で作業を進めていきます。

いよいよ材料の切り分けができたので、フライパンに投入ー!

すでに美味しそうな匂いが漂い始めました。腹減ったー。

おぉ、美味そうな焼きそばが出来てきたでござる。

完成したものを順番に更に盛りつけ。いいねー!そろそろ食べる準備が整ったので、テーブルについて食べ始めましょー!

盛り付けも完了!素晴らしい!好きな料理を自由に取っていきましょうー。

いただきまーす!

 

「なんか、大家族みたいだね。」という生徒。本当だよね。こうして見ると大家族にしか見えない。

サドベリースクールって、僕たち生徒からすると「家族コミュニティ」みたいな感じなんですよね。家族ほど濃く繋がっているわけではないけれど、いつでも帰られる場所になっている。

そこで築けた関係性ってとても貴重で、スタッフや生徒とか関係なく濃ゆい繋がりができる。サドベリーを出たあとも繋がり続けるような感じです。そういう意味では、サドベリースクールは学校というよりコミュニティだよね、という最近の印象。

 

お昼ごはんを食べたあとは、鬼ごっこや人生ゲームをしました。気づくとあっという間に学校が終了する16時に!本当、サドベリースクールで外部者として過ごしていると時間の経過が早いねぇ・・・。

というわけで、1日24時間レポートは終了です。なんていうか、ほとんど自分が楽しんでましたね。レポートって感じじゃないですね。

しかしながら、この「遊ぶ」「楽しむ」ということがこれからのトレンドになると思います。というか、すでに一部ではなっていますね。余白のある遊びや楽しみにこそ、次世代のライフスタイルのヒントが詰まっているのだと思います。自分自身も、そんな生き方にベクトルを合わせはじめています。

と言い訳しておきましょうw

 

この場で1週間以上過ごさせてもらったけど、とても心地の良い空間でした。一度見学に来ると、マジで居着いてしまうから気をつけなければ・・・。

散々お世話になったので、そろそろ出発しないとヤバそう。といつつ、また戻ってくる可能性が高いのだけど・・・w

今までありがとうございましたー!そしてこれからもよろしくお願いしますー!

 

リンク集:

三河サドベリースクール・シードーム

デモクラティックスクールまんじぇ

広告を非表示にする