よねすけ、隣に突撃するってよ。

新しい世界を求めて、いざ突撃せん。

旅人は一人では何もできない、ただ「無力」な存在です。

旅人は本当に「無力だなぁ」と思った、というお話。

何もできないジレンマ

自転車日本一周は基本的に「自力本願」の旅となるけれど、それでも旅先では様々な人にお世話になって、今の生活が成り立っている。

日本一周の前半では様々な人に声をかけてもらって、場合によっては食料をいただいたり、寝床を提供してもらったり、現金をいただくこともあった。後半では長野県の家庭に長期滞在させてもらいました。

旅を振り返ってみると、「旅人はただただ無力な存在だ」と思う。今の状態では、一人で最低限の生活を送ることはできるが、トラブルに対処できないこともある。一人で現金を得ることも、食料を得ることさえままならないことだってあるだろう。今までお世話になった方に「ただただ申し訳なかった」と伝えたい。

 

変にへりくだるわけでもなく、無理に謙遜するわけでもなく。ただ自分のおかれた状況を考えてそう思った。

もらった恩は次へ返していくし、そのような人が集まれる場づくりもしてゆきたい。

とりあえず今は、いままでお世話になった人に「ありがとう」と、伝えていきたいけど。

広告を非表示にする