読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よねすけ、隣に突撃するってよ。

新しい世界を求めて、いざ突撃せん。

日本を旅をするなら、「長野県・山梨県」は絶対回ったほうがいい。「地域のカリスマ」がうじゃうじゃいるよ。

旅をする生き方・暮らし 地域の「謎」発見!地域の不思議に迫る

旅に出る前は、実家のある兵庫県に住んでいました。長野県や山梨県なんて、距離も遠いし機会もないし、訪れる機会なんて全くなかったんですよ。

自転車日本一周で日本全国を回っているうち、長野県や山梨県に訪れる機会があったんですよね。本来なら海沿いを走る予定だったんですが、友人がいましたもので。

「どうせ山と温泉しかないんだろ」と最初は思っていました。でも実際に訪れてみると、めっちゃ山が綺麗!食べ物がめっちゃうまい!面白い移住者が多い!さらには、自分たちには考えられないようなことを実現してしまう「地域のカリスマ」がいる!ということで、完全に惚れ込んでしまった。

「地域のカリスマ」の存在

長野県と山梨県に完全に惚れ込んでしまったのは、「地域のカリスマ」がたくさん存在しているからなんですよ。

主に自給自足系のコミュニティに属している方が多いんですが、例えば木が生い茂っている「森」と化した場をすべて自身で開拓し、一から家を建築してしまうような人とか。狩猟や畑を耕しながら、半分社会とは離れたような生活をしている人。とにかく「生命力」に溢れまくっている人ですね。

こういう人は、半分社会と断絶しているような生活をしているから、一見「人とのつながりも薄いのかな」と都会人は勝手に連想してしまうんですが、実際には物凄いネットワークを持っている人がほとんど。

 

とても自分にはできないようなことを1人で実現してしまって、さらにはネットワークも豊富で、自分のしたい暮らしを自ら作り出してしまっている。本当に恐れ入ります。

僕は旅を通して「地域のカリスマ」のような人たちに会ったことで、完全に惚れ込んでしまいまして、日本中に点在している彼らを訪ねる旅をしようと決意いたしました。別に自給自足というテーマでなくてもいいんですが、とにかく「すごいことをやっちまう」「なぜか周囲にたくさん人が集まる」人を訪ねていこうかと。

本当に面白い人たちなので、これから日本一周する方はぜひ「地域のカリスマ」を訪ねてみてください。「出会い」で人生変わるからね。

長野県と山梨県の違い

あ、少しここで「長野県」と「山梨県」の特徴の違いを少し説明しておきます。両方とも「山と温泉しかねえじゃん!」といった印象しか浮かばないけれど、実は特徴の違いってあるんですよね。

長野県は、「自給自足系」の人たちがめちゃくちゃ多いです。例えば、「大鹿村」なんかはヒッピーが集う村として有名な場所で、かなりクレイジーなこともやっているようです。去年は時期の都合で行けなかったけど、今年は行こうかなと。

僕が訪れていた「高遠町」「阿南町」なんかは、面白いことをやっている移住者がすごく多かった。主に自給自足で生活している人たちだったけれど、「地域のカリスマ」的な人が点在していた。

www.yusukeyonezawa.com

www.yusukeyonezawa.com

www.yusukeyonezawa.com

www.yusukeyonezawa.com

長野県の家庭をいくつか訪ねさせてもらったけれど、都会人には「本当にすげーなー!」と思うような自給的な暮らしをしている人が多かった。

ヒッピーが集う「大鹿村」については、その場にいる人たちとともに自給生活を送れる「大鹿ふりだし塾」という場所があるそうです。気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

一方、山梨県は「東京と行き来して仕事をするような、生産性の非常に高い人たち(?)」が多い。山梨県だと東京まですぐ行ける距離でありながら、自然に囲まれているので自然と多くなるのでしょうね。

山梨県はあまり訪れられなかったんですが、「八ヶ岳」の周辺地域にそういう人が集まっているようなんですよ。八ヶ岳は、特にスピリチュアル関係の人からは「パワースポット」として非常に有名な場所です。

あの辺りは特徴的なカフェやパン屋さんが多くて、別荘地帯ということもあってリッチな人たちがたくさん集まってきます。山梨県、特に八ヶ岳のあたりはまたじっくり回りたいですねー。

f:id:yonesuke7:20160111150522j:plain

日本一周中に「八ヶ岳サドベリースクール」にやってきた!テストも時間割もない、自由な学校。 | リアルマインクラフトの旅

 

以前勤めていた「サドベリースクール」繋がりで訪れた学校。

これはまた特殊な事例ではあるけれど、この場所を中心にして上記のような人が集まってはいたなぁ。

さいごに

長野県・山梨県ともに、自転車で訪れるにはとっても不毛な場所です。実際、めちゃくちゃ不毛な思いをしながら山を越えていきました。バイクの人は気にしないでいいと思うけど。

山と温泉しかない・・・のがこれらの県の特徴だけれど、実際に地域に入り込んでみるとめちゃくちゃ面白い人たちがいた。旅人が地域に入るのはそう簡単じゃないけど、「出会い」を探せばきっと地域のカリスマ的な人にも出会える。

そんなわけなので、これから「日本一周」する人はぜひ長野県・山梨県に訪れてみてください。そして、地域に入り込んで面白い人を探してみてください。面白い出会いが待っていますよ。山と温泉しかねーけどな!(笑)

広告を非表示にする