読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よねすけ、隣に突撃するってよ。

新しい世界を求めて、いざ突撃せん。

「電話番号」を破棄し、1年間電話を持たずに過ごして気づいた3つのこと。

旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

2015年4月に日本一周の旅に出発したわけだけど、当時より「電話」が何よりも嫌いなコミュニケーション媒体だった。自分の意図してないタイミングでいきなりかかってくるし、事前に要件もわからないし、見逃せば高価なお金を払ってかけ直さなければいけないし。

もはや無料のチャットや無料電話が台頭している現在において、「電話」は過去の産物だと思っていたので、いっそのことこれまで使っていた電話番号を破棄し、電話のできない状態で旅に出てみた。約1年間経過したので、電話を持たなかった感想などをまとめてみます。

続きを読む

生存に必要な「最低コスト」を知ることで、次の新しい生き方を模索できる。

旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

日本一周出発当初から、「人は最低限、どの程度のお金があれば生きていけるんだろう?」ということを考えていた。必要論ではなく、好奇心で試してみたいと思っていた。

この物価が高い日本で、最低どの程度のお金があれば死なずに生きていられるのか。日本一周出発時に「これは試してみるしかない!」と月15,000円で生活。結果的に達成でき、また同時に「最悪自分が落ちぶれたとしても、この程度までだ」という自信になり、これを基礎にして新しい生き方が模索できそうだぞという思いに至った。というおはなし。

続きを読む

旅を終えたあと、僕はどのような道を辿ってゆくのか。

日本一周旅日記 旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

先日一人のおじちゃんと出会い、「旅を終えたあとはどうするのか」という話をしていた。あくまで旅は人生の通過点の1つであり、旅をしながら今後のことを考えておかなければならないと。

確かにそうかもしれない。旅をしているときは自分とひたすら対峙することになるから、「今後、自分はどの方向へゆくのか」という問いを常に自身に投げかけている。現時点で答えが出ているわけではないけれど、少し考えをまとめておく。

続きを読む

「なんとなく」で生きてゆける人の腹の中が全く読めない。

旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

昔から、自分は「慣性で世を生きてゆく」ということができない。対象に疑念を持てばそれを解消せずにはいられず、いちいち立ち止まってしまうことがある。

また、自分の取り組みからこれ以上の学びが得られないと判断すると、それを継続するモチベーションが一気になくなってしまう。だからこそ義務教育から離れたのかもしれないけど、逆に「なんとなく」で動ける人の腹の中が全く掴めない。というおはなし。

続きを読む

“成果が出るのに一生かかる”「教育業界」に関わる人たちは、本当にすごい。

こんな学校あるの!?不思議な学校・教育のカタチ

f:id:yonesuke7:20160229133746j:plain

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ (@yonesukez)です。

このブログでも少しだけ書いたことがあるけれど、以前は「サドベリースクール」という名の自由な学校で生徒として過ごし、その後は生徒の学びをサポートするスタッフとして、学校に関わっていました。

この学校では、学習指導要領で設定されているような「評価値」のようなものを設定していません。最近、義務教育制度化の学校でも「数値で測れないものを評価しよう」という動きになっているけれど、まともに成果が出るのが数十年後や一生必要とさえ言われる教育業界で、明確な数値だけを追い求めることをせず、なお理念を信じ続けながら学校運営を続けるのは本当にすごい。とあらためて思ったので、記事を書くことにしました。

続きを読む

那智勝浦町で「半世紀以上」食堂を営んでいたおばあちゃんの話。

これからの生き方を探求する「タズネビトプロジェクト」

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

普段は自転車日本一周の旅をしていますが、今回はある地域に立ち止まって、少しその場所のことをじっくりと見てみることにしました。

その場所は、和歌山県・那智勝浦町。マグロの水揚げ量が日本一の有名な場所。旅の途中で幼馴染のおばあちゃんの家にお伺いできることになったので、お邪魔してきました。

半世紀以上、那智勝浦町で食堂を営んでいたというので、そちらの話も聞いてきたよ。

続きを読む

たとえ旅が終わっても、太陽の存在を実感できる生活をしていたい。引きこもり中は死んでいる状態と同じだった。

旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

旅中はテント生活で全国各地を移動していくわけですが、屋内で生活する時と比べて、圧倒的に太陽の光を浴びる機会が多くなります。また、日の出・日の入りが見られることもしばしば。

旅の直前は家に引きこもっていて、ほとんど死んでいる状態と同じだった。太陽を浴びる生活を始めてからは、たとえ衣食住の欠けた生活であっても「生きている」という実感が伴った。だからこそ、旅が終わったあともこれだけは続けたい。そんなおはなし。

続きを読む

移動する時間を「無駄」なものと扱わず、移動時間そのものの「豊かさ」に気づくこと。

旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

現代において「移動時間」は無駄なものとして認識されていることが多いような気がします。出来る限り時間を短縮した方がいいし、またその合間にも無駄をなくそうと、巷では「移動時間の有効活用!」なんて本が溢れている。

一方、自分は自転車で移動することを目的にして、1日何時間も「移動するためだけ」に時間を費やしている。自転車に乗りながら、「これは大変な矛盾だけど、とても贅沢なことであり、豊かだな」と感じるようになった。そんなおはなし。

続きを読む

日本一周の旅をしていて何よりも楽しいことは、全国各地に友人ができてゆくこと。

旅をする生き方・暮らし

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

つい最近、久しぶりに日本一周の旅を再開したけれど、全国を周りながら思ったことがあった。それは、「日本一周の旅をしていて一番楽しいのは、全国各地に友人ができてゆく」ということ。

旅には、目的によって様々な種類があると思っていて、観光地を巡る旅もあれば、人を訪ねてゆく旅もある。これは一見同じ見えるけど、全く別物。自分には後者のほうが記憶に残るし、何より会いたい人を訪ねるという行為がすごく楽しい。というおはなし。

続きを読む

「これからの生き方を探求する旅へ。」自転車日本一周再出発前夜!今後のルートと期間等について。

日本一周旅日記

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

記事の冒頭で「日本一周中」と言いながら、実際には1ヶ月半ほど実家で休憩していたわけですが、ついに明日から日本一周の旅を再開します!!!

日本一周後半戦の目標、はたまた今後通るルートや、期間についておおよそまとめることができたので、公開したいと思います。

続きを読む